さんぽピープル さんぽで出逢える、ステキな仙台人

ホーム > さんぽピープル > 本町商店街振興組合理事長 大村正さん

本町商店街振興組合理事長 大村正さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
プライドと努力と美意識と
本町商店街振興組合理事長 大村正さん

雑貨店やセレクトショップ、カフェやレストランなど、おしゃれでこだわりのある専門店が点在する本町商店街。繁華街からは少し離れた場所にありながら、若者を中心に多くの人を惹きつける街です。

家具の大丸(Simle&WarmDAIMARU)社長の大村正さんは、本町商店街振興組合の4代目理事長。個性的なメンバーをまとめながら、魅力ある街作りに取り組んでいます。

家具の街として知られるこの街も、一時は廃業する店などが増えて街の活力が失われました。そこで25年前に商店街振興組合として法人化。助成金などを活用し道路のカラー舗装化、街灯や町内にある錦町公園の整備などハード面の充実を図りました。それに合わせるように、空き店舗に個性的な店が出店しはじめ、今の街の形が少しずつ作られていきました。

大村さんが理事長になった2010年からは、さらにソフト面の充実に取り組んでいます。初めに家具の街の魅力を伝えるイベントを企画。2011年3月の開催に向けて準備を進める中、東日本大震災が起こり中止になりました。

しばらくは家具の修理などに追われる日々でしたが、メンバーなどから「こんな時だからこそ経済を活性化させたい。そしてお客様を元気にするイベントはできないか?」と話が起こり8月には例年通り夏祭りを開催。さらに10月に”本町Moonlight Marche“を企画しました。このイベントは参加店の店先にキャンドルを灯し、お店同士のコラボレーションブースや復興物産市、オープンカフェ、ライブなどをおこないます。(http://sentabi.jp/tekutekuaoba/sendai/2977)

「震災後で準備などたいへんでしたが、多くのお客様に喜んでいただきました。そして組合に加盟していない店舗にも呼びかけ参加したことで、これまで以上に商店街全体の絆が強まりました」。その後“小さな小さな展覧会”も実施。この2つのイベントは継続して、毎年開催しています。

こうして絆の深まった本町商店街振興組合のメンバーたち。趣味の部活“ワイン部”“映画部”“泡部”などを立ち上げ勉強会をおこなうなど、緩やかな連携の輪が広がっています。

「商店街は、個々の店が仕事の腕を磨いて、お客様へのホスピタリティーを充実させ、
そうした輝いている一つ一つの店が社会意識を持って商売をすることで、街に活気が生まれるのだと思います。そのためにそれぞれが“プライド”と“努力”と“美意識”を持つ。それを我々は『本町スピリッツ』と呼んでいます。更にそれをお互いが切磋琢磨することで昇華させ、『本町グレース』として、品格のある街にしていきたいと思っています」と、街づくりへの思いを語る大村さん。『本町グレース』を実現させるため、大村さんたちのチャレンジは続きます。今後どんな風に街が変貌していくのか楽しみですね!

専門性の高いショップなどが集まりながら、どこかほっとできる雰囲気を感じさせる街“本町”。皆さんもぜひ一度“本町スピリッツ”を感じにお出かけください。

●本町商店街振興組合
住所:青葉区本町2-6-22 ベルツビル内
問合せ先:022-395-7275
URL: http://www.s-honcho.com/

●家具の大丸
住所:青葉区本町2-6-32
営業:10:00 ~19:00
定休日:不定休
問合せ先:022-222-7679
URL: http://www.daimaru-ess.co.jp/

本町スクエア
小さな小さな展覧会2013の様子

シンボルツリー
商店街の中ほどには、シンボルツリーのカツラの木と
“本町スピリッツ”のプレートが

担当:相原 相原 イラスト


ページの先頭へ